FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
咲く咲く 今期
我が家のバラさんたちの多くは
 
四季咲き と呼ばれる種類ですが

実際は 春と秋に2度くらい といったコたちが

ほとんどです。

が、今期は すでに 2番花を 咲かせてくれているコが複数。

中でも 元気なのが ブラスバンドちゃんです。
CA3G0452.jpg

花を咲かせつつ、シュートもすくすくと育っているので

正直 ちょっとびっくり。

CA3G0448.jpg
CA3G0450.jpg
CA3G0451.jpg








他の鉢のみなさんも 元気!





フランネルフラワーさんもいっぱい咲かせてくれています。

CA3G0449.jpg





いままでだって 同じように 声をかけ、肥料をやり、水をやり・・・

違いって お天気?! 

いや、 今期はブログのために いっぱい写真を撮っているからかも。

おんなのこだって 写真を撮られたら きれいになる って言いますし。


満開といえば 

CA3G0446.jpg


このコは 室内で唯一の花鉢、セントポーリアのマキちゃん(愛称ではなく花名がマキです)。

忘れるくらい昔、スーパーの片隅で弱って叩き売られていました。

連れて帰ってきたものの どうお世話したものかわからず、

宝塚のあいあいパークに行けば何とかなるかな と足を運びました。

この地区は園芸農家さんがたくさんおられるところで、

協同組合色のある場 でもあります。



観葉植物コーナーをうろうろ、「あ、これ仲間だ」と見つけた時

ちょうどお水を遣っているスタッフさんがいらしたので

すかさず質問をしました。

ラッキーなことに 彼は(お店のスタッフさんではなくて)

セントポーリアの専門家で

たまたま このスペースにご自身のお店から持ってきた苗の

メンテナンスにいらしていたのです。 

その場で 大まかに教わった後

「植え替えたほうがいいから温室にその苗を持っていらっしゃい」と

言っていただき、

日を改めて お店である創生園さんにうかがいました。

広い温室に 多種多様なセントポーリアとその仲間たちが育っていました。

どのコも穏やかな しあわせな オーラを 発していて 温室の中にいるだけで

「癒される?」とため息モノ、

ご主人の 思いやりと愛情いっぱいなお世話をうけている植物さんたちだからと

感動しました。

持参した セントポーリア(マキちゃん)も

最適のサイズの鉢・土壌に ご主人がていねいに植え替えてくださいました。


あらためて

植物さんたちとも もっともっとコミュニケーションしよう と 

気づかせていただいた瞬間でした。
 

その後、

マキちゃん は ゆっくりと育っていき、

ほんの2・3年前に 私が 一回り大きな鉢に植え替えました。



いきものすべて それぞれのペースがあることを マキちゃんから教わっています。  
スポンサーサイト
【2010/06/29 23:00】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ありがとうマーシャ | ホーム | 梅雨の晴れ間に>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://wonderdrops.blog8.fc2.com/tb.php/95-c384691b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。