スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
幸福の木の花
我が家にやってきて13年目のドラセナ(幸福の木)。

ゆっくり のんびり 気づけば けっこう大きくなっていました。

そんなある日 みるともなしに 目をやると・・・

HI390157.jpg

なんだこりゃ と 思ううちに どうやら蕾だわ ということに。
HI390161.jpg

以前 友人が 
「”幸福の木”の蜜、甘くておいしいんだって」と教えてくれたことを思い出します。
「え?花とか咲くんだ?!」
と 答えたのも思い出しました。

で、日々観察。
蕾が育ってくると なるほど 茎から蜜が。
HI390162.jpg


舐めてみました。
蜂蜜と同じくらいの甘さと粘度の蜜です。

そのうち ついに毎晩お花が咲くようになりました。
HI390168.jpg


とても強い芳香、私の寝室で暮らしていたドラセナさんですが
夜毎あまりにもしっかり香るので
お玄関に移動、お出迎え役をしてもらいました。

開花して 一週間ほどで 先発開花組は茶色く終わり
徐々にお花は終わっていって 2週間ほどたった今は
蜜だけがまだ名残をみせてくれています。

もう 香りもない、普段の姿にもどりつつあるドラセナさん、
近日中に「おつかれさま」
また私の寝室に帰ってきてもらおうと
思っています。

めったに咲かない花が咲くと(竹のように)
枯れてしまう と 言われることもありますが
ドラセナさん 枯れないでね(^?^)!

スポンサーサイト
【2009/06/22 18:30】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<さみしい おしらせ | ホーム | 今度は露地モノ>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://wonderdrops.blog8.fc2.com/tb.php/10-12ed6ed1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。