スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
咲く咲く 今期
我が家のバラさんたちの多くは
 
四季咲き と呼ばれる種類ですが

実際は 春と秋に2度くらい といったコたちが

ほとんどです。

が、今期は すでに 2番花を 咲かせてくれているコが複数。

中でも 元気なのが ブラスバンドちゃんです。
CA3G0452.jpg

花を咲かせつつ、シュートもすくすくと育っているので

正直 ちょっとびっくり。

CA3G0448.jpg
CA3G0450.jpg
CA3G0451.jpg








他の鉢のみなさんも 元気!





フランネルフラワーさんもいっぱい咲かせてくれています。

CA3G0449.jpg





いままでだって 同じように 声をかけ、肥料をやり、水をやり・・・

違いって お天気?! 

いや、 今期はブログのために いっぱい写真を撮っているからかも。

おんなのこだって 写真を撮られたら きれいになる って言いますし。


満開といえば 

CA3G0446.jpg


このコは 室内で唯一の花鉢、セントポーリアのマキちゃん(愛称ではなく花名がマキです)。

忘れるくらい昔、スーパーの片隅で弱って叩き売られていました。

連れて帰ってきたものの どうお世話したものかわからず、

宝塚のあいあいパークに行けば何とかなるかな と足を運びました。

この地区は園芸農家さんがたくさんおられるところで、

協同組合色のある場 でもあります。



観葉植物コーナーをうろうろ、「あ、これ仲間だ」と見つけた時

ちょうどお水を遣っているスタッフさんがいらしたので

すかさず質問をしました。

ラッキーなことに 彼は(お店のスタッフさんではなくて)

セントポーリアの専門家で

たまたま このスペースにご自身のお店から持ってきた苗の

メンテナンスにいらしていたのです。 

その場で 大まかに教わった後

「植え替えたほうがいいから温室にその苗を持っていらっしゃい」と

言っていただき、

日を改めて お店である創生園さんにうかがいました。

広い温室に 多種多様なセントポーリアとその仲間たちが育っていました。

どのコも穏やかな しあわせな オーラを 発していて 温室の中にいるだけで

「癒される?」とため息モノ、

ご主人の 思いやりと愛情いっぱいなお世話をうけている植物さんたちだからと

感動しました。

持参した セントポーリア(マキちゃん)も

最適のサイズの鉢・土壌に ご主人がていねいに植え替えてくださいました。


あらためて

植物さんたちとも もっともっとコミュニケーションしよう と 

気づかせていただいた瞬間でした。
 

その後、

マキちゃん は ゆっくりと育っていき、

ほんの2・3年前に 私が 一回り大きな鉢に植え替えました。



いきものすべて それぞれのペースがあることを マキちゃんから教わっています。  
スポンサーサイト
【2010/06/29 23:00】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
梅雨の晴れ間に
以前のブログで アジサイって外からお花が咲く?!って書きました。

ごめんなさい、 このコ、ガクアジサイでした(汗)。

CA3G0438.jpg

外側のガクは深い青紫、ごらんのように

中は 水色で 可憐な小花が満開です。


CA3G0437.jpg



ひと息ついていたバラさんたちも ちらほらと またお花をみせてくれています。

CA3G0442.jpg
CA3G0443.jpg
【2010/06/24 23:59】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
恵みの雨期
先日お伝えした マーシャ・スタンホープさんの蕾は こんなにしっかりとしてきました。

CA3G0434.jpg

ほかにもいくつもの蕾が育ってきています。

マーシャさん、ありがとう です。

お花が咲き出したら またお伝えさせてくださいね。



それだけではありません。

5年越しにして初めてお花を咲かせてくれたジュード・ジ・オブスキュアちゃん、

新芽だけでなく、複数のシュート(幹の赤ちゃん)が出てきているんです。

CA3G0436.jpg

うれしくてたまりません!


アジサイさんも 絶好調です。
CA3G0435.jpg


【2010/06/23 23:00】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
すくすく育ってくれてます
新芽がいくつも出てきて うれしい限りの バラさんたち。

今日は シュートが出ているのを発見!

シュート=幹の赤ちゃん です。
こちらは フェア・ビアンカちゃんで
CA3G0427.jpg






こちらは ジ・アレクサンドラ・ローズさん。

CA3G0428.jpg

枝の赤ちゃん、新芽よりも時間はかかりますが このコたちがこれから先2年くらいの基となります。



すくすく育ってくれているといえば

この春に 二周り大きな鉢に植え替えたばかりの 沈丁花さん。
CA3G0429.jpg

ここのところ ぐんぐん成長して、

もはやこの鉢も不釣合いなくらい大きくなってくれました。

【2010/06/20 23:57】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トマトを買いに・・・
今朝は三田(さんだ)の方面へ出かける用事があり、

これは 小西農園さんでトマト購入でしょう! と 足を伸ばしました。

看板、出ています!
他にクルマは停まっていないけれど。。 
CA3G0423.jpg




シャッター、開いています!!
きっと開店しておられると判断し、クルマを停めていざ中へ。


CA3G0424.jpg

「こんにちは?」と薄暗い倉庫兼販売所に入っていくと
ご主人が いらっしゃいました。



「あんた ひさしぶりやな?」

「3月はお世話になりました。いただいたトマトソースも

とってもおいしくいただきました。ごちそうさまでした!」

「今日はどれにする?」

ここでは 箱単位での購入です。

「おいくらでしょう?」

「普通のは1700円で フルーツは2100円、甘いよ」
CA3G0425.jpg
見たところ どれがどうやら 素人目には判別不能。

わからないけど、「甘い」の一言は 効きました。

えいやっと奮発して「フルーツ」購入決定。


と このあたりで ご近所のお知り合いやら

お客さんやらが続々と。

あわあわしているうちに どういうことやら お店の人と間違えられること複数回、

そのたびに ご主人は「臨時秘書や?」 って どうしよう。。。

よくわからないまま 聞かれるまま そこらへんにあるボールペンを出したりの

奇妙なボランティアタイムを経て 無事購入にいたりました。


「これ、もろてもええの??」とお客さんが

箱に入っているトマトよりずっと小さいものが山積みになったかごを示されました。
CA3G0426.jpg


「それは 売りもんちゃうから あかん?」とご主人。

「それやったら ちょっと2個だけ、スープ用にちょうだいよ」とおばちゃん。

「しゃあないな?」

「4つ、もらうわ?。ありがとう?」 おお、すごい!さすが関西のおばちゃんだぁ。





お客さんがひと息着いたのを見届けて 「ではまた?」と私は帰路に着きました。 

おじさんのお人柄、いいな? ファンになっちゃうなぁ? なんて思ううち、

ほどなくクルマの中は トマトの青い香りで満たされました。

小西農園さん、どうやら 地方発送もされているご様子でした。

また、

キュウリも 売っておられましたが こちらは グラム買いで 1本から購入できました。

しばしの日々 飽きないトマトづくし の贅沢が 楽しめそうです。 
【2010/06/19 23:55】 オススメのお店など | トラックバック(0) | コメント(0) |
アジサイとドクダミと
アジサイさん、次々に開花しております。
CA3G0413.jpg

花の色も鮮やかさが増しています。
CA3G0414.jpg

一番外側から咲いていくのですね。


さて。

我が家の細長いお庭(文字通り かつてロンが駆け抜けた”犬走り”です)、

3月の末に 草刈りをして すっきりさせたのに

気づけば地面が全く見えない 一面の ドクダミ畑状態に!
CA3G0415.jpg

ここまできっちり生えてくれると それはそれで きれいです。

ドクダミの花は 白い十字の中心に黄色い芯が立っている形状です。
CA3G0417.jpg
CA3G0419.jpg




何かの象徴に違いないよな? と 毎年 思いつつ、

思うだけのまんまです(反省)。


象徴、とは 別ですが

アジサイも ドクダミも 花びらに見えるところ

(アジサイなら紫の部分・ドクダミなら白いところ)は 花ではなく、

芯の部分(多くの花のおしべ・めしべ部分) に 小さくあるのが花だそうです。

雨の多い季節に咲く彼らの なにか知恵なのかな? と これまた思いつつ。

そう、どちらの花も 香らないように思います。 

雨の日に 香っても 虫さんたちは飛んでこれないからでしょうか。



あれこれ思ううちに 一度植物を学ぶ機会を作ろうと思った午後でした。
【2010/06/17 23:47】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
入梅は夏のはじまり
梅雨入りと言われてから ほんとうに 雨がよく降ります。

アジサイさんも つぼみから ついに 花の季節を迎えました。
CA3G0404.jpg

このコは 昨秋、実家からうちに来て

大きな鉢に植え替えたら すくすくおおきくなってくれたのですが

どんな花なのか知りませんでした。

実物は写真以上に 深い青みがかった濃い紫色、

それは美しく かつ神秘的な色合いです。


CA3G0407.jpg
長い期間咲いてくれるブラスバンドさん、さっそく次の蕾をつけてくれました。


そして
CA3G0412.jpg
先だって 一輪咲いてくれたことをお伝えした マーシャ・スタンホープ嬢、

新たな花芽があがってきています!!




年々、夏の暑さが尋常ではなくなってきている日本、

都会よりは涼しいとはいえ 厳しい環境の中で

がんばってくれる植物さんたちに 感謝!と

がんばれエールを送る毎日です。
【2010/06/15 04:43】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ぽっちゃんの百か日
きょうは ぽっちゃんの百か日です。

四十九日の頃は まだまだ 悲しみばかりが

ふいうちに押し寄せていましたが

近頃は すこし 変わってきました。


包まれる悲しさは ずいぶん薄らぎました。


「ぽっちゃんとすごした時期」とでも表現すればいいのか

すこぅしずつ おもいで に 変容していっている実感があります。


ぽっちゃんを看取るとき あんなに 辛かったのに、

一緒にすごしているのに どんどん私たちを追い越して

衰えていってしまう なんともいえないキモチはこりごりなのに、 

もう二度と お別れのあんなに悲しい思いはしたくないのに、

ネコさんがいる暮らしを 強く欲している自分に 気づいて

矛盾してるな? と 苦笑しています。


また。

今月の末に イヌのロンは一周忌を迎えます。

ロンとも ぽっちゃんとはまた違ったカタチで

ガチで せいいっぱい 暮らした って胸を張って言えます。

「でも」 今頃になって

もっといい接し方はなかったのかな。。。。と

ちいさく後悔の念が浮かんだりします。

やっと客観的に 思い返せる距離になったのかもしれません。



イヌやネコの時間は人間の4倍と よくいいますが

4倍だろうと 人間同士だろうと 私自身 

「今」いただいている時間を 隅から隅まで慈しむことを

自分の心に 念押しするようになりました。


これって


与えられたイノチという時間を まっすぐに 

みっちりと かつ ナチュラルに 生ききって 生き終える姿を 

私に見せてくれた

二匹の家族のステキな置き土産です。




あ、そうそう おりしも 今の季節は 捨てられる 子猫・子犬が多いようです。

新しい「家族」をお考えの方、ペットショップもご縁の一つですが

こんなサイトも ありますよ?。

犬、猫、里親さがし掲示板 


ロンのときは手作り食で、トイレはお散歩時だったので

彼を看取った後 特に寄付するものがなかったのですが、

ぽっちゃんのときは ネコ砂 や 缶詰などが 残ったので

寄付しに行った 保護施設、 Animal Refuge Kansai(ARK) 。

中を見学させていただきましたが 保護した動物たちを大切に 

管理していらっしゃいました。

こちらも もちろん、里親大募集中。

里親以外にも いろいろなサポートの仕方もあるようです。



よいご縁、ありますように(^?^)。 
【2010/06/13 23:36】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ひょっこりと思い出したエピソード
一昨日のお話の 続きです。




イチゴのおばあちゃまが 病気でお辛い時に ずっとそばにいて

手を握り、励まし続けてくれた看護婦さん(でも実在されない??)のエピソードを

思い出しながら 私は イチゴジャムを作っていました。

アク引き作業を 延々淡々と 続けている最中に 私自身が関わった、思えば不思議な出来事が

鮮明に思い出されてきました。 今日は そのお話を させてくださいね。



2006年3月半ば、たまたまその日フリーだった私は ぼんやりと午後をすごしていました。


2月の末、まだ12歳半のぽっちゃんが 初期とはいえ不治の病である腎不全と診断され、

これといった治療法もないまま、元気なくすごすのを見守るばかりの日々でした。

ぽっちゃんには飼い始めた頃から 

上等のキャットフードを与えて、健康と長生きを願いながら

注意深くメンテして暮らしてきたのに。

夫の新しいお仕事もどうやらいまいちはかばかしくない様子だし。

前年の秋、上級生に突き飛ばされて膝を痛め、手術した息子のリハビリも

4ヶ月続けているのにまだ辛そうだし。

えとせとら・えとせとら・・・ 

一生懸命応援しているのに家族みんな辛い現実が いっぱいすぎるよ。。。  

3月とはいえ まだ寒い午後、私は悲しさとむなしさにとりこまれていました。


グァシャン! という 尋常でない音に我に返り、

音のした方向を見ると 目の前の街路樹に クルマが突っ込んでいます。

上着をひっかけて 外に飛び出しました。



クルマは 道路を半ばふさぐ形で バンパーは木にめりこんでいます。

エアバッグの開いた運転席から出ていらした 女性が放心状態で立っておられます。

どうやら怪我はされておられません。

と、突っ込んだクルマのすぐ後ろに停まったトラックから

作業着の男性が二人 おりてこられました。

そして 手際よく 事故車のレッカー用フックに トラックから下ろした

ロープをつけ、 あれよあれよという間に

クルマを街路樹から離し、ロープを付け直して レッカーして

路上駐車ははばかられるメイン道路から 交通量の少ない道に

きれいに横付けしてくれました。

私と ほどなく出てきた隣の奥さんは ともに呆然としつつ、

運転されていた女性につきそいながら 彼らのお仕事を 見ておりました。


いや、そのとき 「この二人、タイミング良すぎ。・・・人間か?」って

ふっと思ったんです。思わず 足元見ちゃったもの。もちろん、ありました。


 
more…
【2010/06/10 23:58】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
玄関周り 近況
ここのところ お伝えしそびれているお玄関周りの植物さんの近況をおつたえしますね。

一段落着いた バラさんたち、今はすっかり「緑色」の一帯と化しています。
CA3G0394.jpg

花が終わるのを待っていたかのように 新芽があちこち出てきています。 



CA3G0395.jpg
CA3G0396.jpg
CA3G0397.jpg
CA3G0398.jpg




中輪のバラさんたちはお休み中ですが
ミニバラさんやアメリカンブルー、フランネルフラワー、クラウィーさんたちは
CA3G0410.jpg
CA3G0409.jpg
CA3G0411.jpg
CA3G0401.jpg

おかげさまで 元気にいっぱい咲いています。

この春 元気がなくて少々心配していたコーヒー・オベーションさんも
咲いてくれました。
CA3G0403.jpg
【2010/06/09 23:38】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
イチゴのおばあちゃんの ふしぎなおはなし
では。
昨日 イチゴ農家のおばあちゃまが お話ししてくださったエピソードを。


まずは そのエピソードに至ったいきさつから。


いつお会いしても 若々しい表情で 明るいおばあちゃまですが

体調をくずされたあとだけに なんだかひとまわり ちいさくなってしまわれた印象は

否めなくて、私の心は とても 痛みました。

まあるくなってしまわれたお背中に 私は自然と手が行き、

しばらく当てさせていただきながら

おばあちゃまと おしゃべりしていました。

手当て、というのでしょうか おばあちゃまは 背中がラクになってきたわ? と

喜んでくださいました。 今度は また自然と 両手をそっと握らせていただきながら

お話を聞かせていただいていると おばあちゃまは 唐突に 

「私、前に心臓を悪(わる)したことがあってね。。。。」と

このエピソードをお話ししてくださいました。



 もう、何年か前のことやけど 思い出したわ。 
 
 その時も えらい(すごく)しんどなって、入院して、検査して、手術したんやけど

 ほんまにつらいつらいときに 白髪まじりでおかっぱの看護婦さんがそばについて

 私の両手を ぎゅっと握ってくれはってね。「がんばれ? がんばれ?」言うて

 ずっと励ましてくれはってん。その手ぇが それは 温(ぬく)くて 

 握ってもらっているだけで

 ほんまに なんや 元気になれそうなキモチにどんどんなっていってんわ。
 
 それで 私、がんばれてね。 お医者さんに その看護婦さんの話をしたんやけど

 部屋には お医者さんしかおらんかったし そんなすがたかたちの看護婦さんも
 
 いはらへん 言わはってね。 おばあちゃん、夢見てはったんと違うか て。
 
 そうけど(だけど) あのぬくもりは 夢なんかと違う、ほんまに いはったんや。
 
 確かに その後入院している間、一度も出会わへんかった

 (この地域特有の言い回しで「会う」→「出会う」)から 不思議な人やった。 
 
 
 あんたに手をこないしてもうてたら あの時の看護婦さんと おんなじ手ぇやて

 思い出したわ。

 あんたも不思議な手ぇしてはる。

 熱うてきもちいい。おばあちゃんに元気わけてくれてありがとうね。   

(口には出しませんでしたが 心のそこから おばあちゃん、元気になってほしくて

気づけば 強くお祈りしながらお話をうかがっていました。伝わったのかな)




これって いわゆる エンジェル系の本で 読んだことのあるエピソードと同じだぁ と

思いつつも 「あんたはどない思う?」とおばあちゃまに聞かれても

さすがに「天使だったのでは」とも言えず 

「ほんまに不思議やけど ほんまにその人のおかげで

おばあちゃん元気になれてよかったですね」と。



エンジェル系の本って 特定の信仰・宗教に限定されていないけれど 

欧米の人たちのキリスト教をベースにした信念体系から

産まれていて だから エンジェル体験 というものも 欧米特有なんだろうな?

なんて ハナから ここ日本、殊平均的日本人の私 には 無縁に思っていただけに

完璧に日本農家な おばあちゃまにシェアしていただいた このエピソードには

びっくりしちゃった次第です。



そして ふいに 私自身の 不思議エピソードが 思い出されてきました。

また 日を改めて お伝えしますね。 
  
【2010/06/08 23:11】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年のイチゴジャムday
我が家で毎年恒例になっているイチゴジャム作り。

うちの連中もさることながら 私の父が「(グラニュー糖を使った)甘い」イチゴジャムを

待ってくれているのですから 作りがいもあるというものです。

そんなわけで毎年、ハウス栽培の後半に一度と露地物でもう一度 

二回は作ってきたのですが

今年は タイミングが合わないまま 6月に入ってしまいました。


いつも分けていただいている農家さんでは イチゴ、6月最初の日曜日を最後に

おしまいにされる慣わし、

体力は回復しきっていないけど まだ間に合うならなんとか!作らなくちゃ と

土曜日にお電話しました。

「天気によるけど、あと2・3日でおしまいかな?。ジャム用ですよね、何キロいりますか?」

おお?ラッキー!うれしいお返事です。

さあ 待ったなし で イチゴジャム作りが決定しました。



予約をお願いした月曜日は、前日含めて晴れ続き、

露地物イチゴにはベストな状態です。

うかがうと お孫さんが 丁寧に摘んでくださった6キロのイチゴが 待っていました。

CA3G0389.jpg


おばあちゃんとは 1年ぶりの再会です。

いつもおばあちゃんはイチゴロードの露店でお店番をされておられるのですが

今年は幾度か通った際、一度もお店が開いていなくて 

実はちょっぴり心配していました。 

「今年は私、しんどかって イチゴは孫にまかせているのよ」

・・・聞けば 体調を崩されてほんの12日前まで入院されていたとの事でした。

「やっと 食事の用意ができるようになったところ」、ということは

このタイミングで お邪魔しなければ お会いできなかったかもしれません。

なんにせよ お会いできて うれしい限り!!でした。

その後 おばあちゃんから 「前に入院して手術した時に不思議なことがあってね」と

お話を聞かせていただいたのですが それは 日を改めて シェアさせてくださいね。




で、本題。


おうちには 前日に 国産レモンも グラニュー糖も準備しておきましたから

帰宅したら 速攻で ジャム作りに 突入です。 

今回のイチゴは ジャム用にもかかわらず 非常に良いものばかり。

CA3G0390.jpg




傷みがほとんどなく、捨てる部分が全くないどころか 十二分ナマでいただける

甘くて 鮮度の良い すばらしいイチゴです
CA3G0391.jpg


(毎年だと捨てる重さ分が生食分としてしっかり確保できました)。

おまけに 気温もさして高くないので 

鮮度との戦いも そこまでシビアではなく、回復期のカラダにはありがたい限りです。

例によって 空でも十分重たい 大なべを気合で用意して 

イチゴをどんどこと投入、父のリクエストを意識して

グラニュー糖もざんざかと入れていきました。

CA3G0392.jpg

火をかけた後は おなべ満杯状態なので ふきこぼれないよう火加減をみながら 

ひたすらのアク引き、アクがピークをすぎたあたりでビンの煮沸消毒。。 

しんどいけれど 慣れた作業を こなしていって

CA3G0393.jpg

無事、ジャムができました。


毎年つくっているくせに (イチゴ自体の甘みも違いますし)試食はどきどきモノでしたが

おかげさまで 合格かな な 出来に ほっといたしました。






イチゴ農家のおばあちゃんのお話、もう少しお待ちくださいね。

【2010/06/07 23:17】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) |
先発隊のバラさんたち
マーシャ・スタンホープさんのお話のときに書きましたが

先発隊でお玄関を鮮やかにしてくれていたバラさんたちは

お花が一段落したもよう、いっせいに 芽吹き第二弾モードに入っています。

CA3G0386.jpg


その中で 芽吹きつつも 一輪、咲いてくれたのが

デュセス・ドゥ・ブラバンちゃん。

CA3G0385.jpg

もともと 花つきのよさに惹かれただけのことはあります。


また ハニーサックルさんは 相変わらず夕方から夜にかけて香りが高まります。

そうそう、『真夏の夜の夢』にも でてきましたね。

CA3G0387.jpg


アジサイさんも 見るたびに 確実につぼみがふくらんできています。

CA3G0388.jpg

【2010/06/06 23:06】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今シーズンのマーシャ・スタンホープ
気高い印象と 優しい香りの マーシャ・スタンホープさん。

よく病気にかかって葉が落ちてしまうのですが 不屈の生命力で

毎回復活してくれる 頼もしい美人さんです。

で、今シーズン。 

病気のようではないけれど 芽吹きも遅く どうも 不調の様子でした。

水遣りや 肥料を撒くときなど 

「枯れないで 元気に葉っぱを育ててね!お花はいいからね!!」と

いつも語りかけていました。

ほかのバラさんたちが次々に咲いていく中で 彼女は 変化なく そっと暮らしていました。

そして かなりがんばってくれて やっと一輪の お花をつけてくれました。
CA3G0383.jpg

どのバラのつぼみも それぞれ愛らしい姿をしていますが

このコは クールビューティ!

つぼみから 二日後、彼女は ふんわりと 満開に。
CA3G0384.jpg


おりしも ここまでご紹介してきたバラさんたちが 一段落しはじめているので

貴重な一輪となりました。

【2010/06/05 23:33】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
おかげさまで
ブログ お休み続きになってしまって。。。

おかげさまで 少しずつですが 風邪もずいぶん抜けてきました。

ほんまに ひとつき近くどっぼりやっておりました。
  

このあいだは ドライブなども行ってまいりました。

天橋立の籠神社、近所のお寺の上にある権現さん、

そして以前ご紹介させていただいた奈良の丹生川上神社下社

と 実は三日連日でした。

ちょうど風邪が良くなりだした頃だったからでもありますが

なんだか 非常に かる?く なった気がしています。

近日中に 行った日付でアップ!します。

お暇な時 よかったら 少し前の日付、見てやってくださいね。



そうそう、三田市(さんだし)の小西農園さんで トマトの販売が始まったようです。

箱単位の購入、「そんなに食べれるかな」と 思ううちに

ぱくぱくいけますよ?。お近くの方は ぜひ。  
【2010/06/03 23:18】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
丹生川上神社下社 例祭 へ
奈良にある 大好きな水の神様、丹生川上神社下社。

前回うかがったときに 権禰宜さんに教えていただいた

「年に一度、階段の上まで詣らせていただける」日が今日6月1日、

夫の定休日、火曜日でもあったので 行ってまいりました。

権禰宜さん、「午後からのほうが ゆっくりできると思いますよ」っておっしゃっていたコトを

思い出し、家事をあらかた済ませての出発でしたが、昼下がりには到着しました。


いつもならめったにヒトとすれ違わない道なのに 歩く人々複数!

なぜか みなさん、カーネーションを一輪ずつ持っておられます。

駐車場もいっぱいです。「今日は 人がおる?」と 夫もびっくりしながら

神社を通り過ぎた先で 道幅のあるところに クルマを停めました。

CA3G0368.jpg




神社は鳥居をぐぐったところが広場になっています。

いつもはがら?んと広いだけのそこ、今日はずらりと丸イスが並べられていて

イベントがあったのだとわかります。

階段をあがったあたりにもテントが設営され たくさんの人が見受けられます。

みなさん 本殿の参拝に 並んでいるのでしょう。 

で、私達も テントところに。 写真は並びながら 広場のほうを撮ったものです。
CA3G0370.jpg

順番を待つことしばし。

やっと 本殿へ。
CA3G0372.jpg

 
ごめんなさい、写真は ↓ アウト だったので
CA3G0371.jpg



  



 
more…
【2010/06/01 23:57】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。