スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お寺の裏山の権現さん
引き続き お出かけ となりました。

ご一緒したのは

フラワーエッセンスのワークショップで お隣の席になったご縁のお友達です。

私がクルマを出すこととなり、行き先はうちの近くのお寺になりました。

彼女は 初詣で 幾度か行っておられるようでした。

私は 数年前に珍しく不思議な夢を見て以来 そのお寺に 時々 お邪魔します。


こちら(西宮市)に越してから 数年前まで 私は毎年、6月くらいから夏の終わりまで

微熱をずっと出していました。お医者様に診ていただいても 原因は不明。

さて、数年前の梅雨の終わりの頃だったでしょうか その日も微熱にうんざりしながら

私はうたた寝をしていました。

眠りの浅い時特有の夢というのでしょうか、

写真のように 三つの画像が ばっ ばっ ばっ と 広がりました。

ひとつめは よく走り慣れた国道で いつも見かけていた 難しい漢字のお寺の標識

ふたつめは 鮮やかな オレンジ色

みっつめは あかるい 黄土色

これだけの夢の終わりのあたりで 当時転職活動中だった夫が 帰宅しました。

「具合、どないや?」「うん、しんどい?。でね、変な夢見たんだけど、行ってみたいとこあって」

話すと 夫は「そのカラダで行けるん?近所やしクルマ出すの、かまへんで」。

さっそく、そのお寺に標識を頼りに連れて行ってもらいました。



お寺への山道、窓からの風はとってもよい香りがしました(ちなみに夫は「わからん、なんも匂わんで」と)。

お寺に着くと 何かイベントの直後のようで お食事の紙皿・紙コップや割り箸などを 片付けている

信徒さんたちがおいででした。池には 大きな蓮が咲いていました。

ひょっこりと 訪れてよかったのかな と 恐縮していると 同世代と思しきお坊さんを

お見かけしました。 お寺を訪ねること自体、ほとんどなく、宗派ごとのしきたりも知らないので

どうおまいりすればよいか 教えていただきました。

護摩堂は 出入り自由なので 入ってよいこと、

(見るからに超初心者の私の場合)形にとらわれず、護摩堂の中にいらっしゃるお不動様に

手を合わせて心からお話させていただけばいい、難しい言葉でなくたとえば「南無不動明王さま」と

となえてごらんなさい。 今日は 毎月のお祭りの日だったのだけど、28日もお護摩を焚くから

よかったらいらっしゃい 等、あたたかいまなざしで御話しくださいました。

護摩堂に独り入り(夫は 犬小屋を見つけて そこのワンコと遊んでいたようです)、

教わったように 「南無不動明王様」を幾度もくりかえし となえているうちに

28日のお護摩 とやらに うかがわせていただくことと 

その日まで 毎日、ここにおまいりさせていただくこと が ふわりと浮かびました。

そこで数日間、毎日 おまいりさせていただき、お護摩の日になりました。



お護摩、初体験でした。護摩堂の中央に火が焚かれ、進行役のお坊さんと両脇には太鼓などを

たたくお坊さん達がぐるりと炎の周りを取り囲みました。

夢で見た、オレンジ色は炎で、黄土色は お坊さん達の衣の色だったので びっくりしました

(考えてみると 私がうたた寝していた頃、護摩堂ではお護摩が焚かれていたのです)。


また、参加されている信徒さんも一体となって お経(真言というのかも)を繰り返し唱えるうち

ほとんどトランス状態に入っていかれるお坊さん達のお姿も初めてで

「おお? すんげ? テレビのチベットとかの僧侶みたいだ?(不謹慎で本当にごめんなさい!)。

アジアだ?」と感動しました。

感動はもう一つ、毎夏続いていた微熱が 下がったのでした。

それ以来微熱は 体力が落ちたとき ほんの2・3日出る程度になって 今日に至っています。

そして私は たまに そのお寺(の 護摩堂)にうかがうようになりました。

でも おまいりスタイルは数年経ても 相変わらず「南無不動明王様」のまんま です。




ごめんなさい、前置きが長くなっちゃいました。

今日は

あるとき 偶然、ご一緒した信徒さんに 連れて行っていただいた

裏山の権現さんに 一緒に行こう と 相成ったのです。

二人とも ぺたんこの靴に ジーンズですから 道なき道を登るのもOK。

10分ほどで 権現さんに到着しました。

CA3G0362.jpg

ゆっくりしたかったのですが やぶ蚊がいっぱいやってきたので

ほどなく撤収!

CA3G0366.jpg

山を下りて、

虚空蔵菩薩像の収められている塔の横で ゆるりと

お友達との時間を すごさせていただきました。



このお寺も 塔・護摩堂 等 それぞれ異なった、たかめられたエネルギーの場で、

昨日の籠神社と似た ヒトのチカラ の 昇華したカタチ を 体感したように思いました。




(おまけ)この記事は 一回も フリーズ→消える 現象なく あっという間に書くことができました。
     

 
 
スポンサーサイト
【2010/05/31 23:19】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
思い切ってドライブに行きました
今朝 相変わらず咳き込みながら 目覚めた時に 

唐突に 「天橋立にあるずっと前’K子ちゃんがお母様と行かれた’神社に行きたいな」と。

なんか 聞きなれない名前の神社で・・・。

確か たけかんむり に 龍 = 籠 = かご だとおもうけど 

違う読み方だった、確か。

ネットは (いまさらながら) 便利ですね!! すぐに 解決しました。

天橋立にある 聞きなれない名前の神社は 

籠 = この 神社 でした。 



天橋立?丹後半島は 夫と 独身時代のデートの頃から

幾度となく 訪れていましたが 籠神社は 行ったことがありませんでしたし 

便利な自動車道が 全線開通してからの この数年は ここまで足を伸ばしていませんでした。

夫に ドライブを打診(もちろん 食べ物のおまけつきでの提案です)。

ざっと見積もって 1時間半もあれば 現地到着(昔なら3時間は十分かかりました)、

高速道路の休日割引もいくらかありそうです。

それに おかげさまで 咳は抜けていないものの 幾分回復の兆しは感じています。

「ほんなら 行ってみよう?!」 と なりました。


中国自動車道から舞鶴自動車道等乗り継ぎ乗り継いで終点に

そこから国道を少しばかり走って ほどなく目的地、籠神社に到着しました。



駐車場の入り口では 「観光?お参り? 観光やったら500円」と たずねられました。

何しろ 「籠神社に 行く 基礎&予備知識ゼロ」の私ども

あわあわしながら 「お参りですよ」と返答しました。

クルマを駐車場において 鳥居の前に。

中に見える神社の規模と比べて 妙に大きくてきれいなトイレと手水舎に

不思議な感じを覚えながら 鳥居をくぐりました。
CA3G0325.jpg

ワタクシ、敏感体質ではないのですが

鳥居の中に入った途端 空気が変わったというのでしょうか

たとえるなら 夏、戸外からエアコンの効いた部屋に一歩踏み入れたくらいの

違いに「あれっ?!」と思わず声を出してしまいました。

鳥居の内側は 「気」が誰かによってきちんと整え高められて、保持されている印象、

人工的だけど 神聖で 気持ちよく清められた場となっています。


CA3G0326.jpg

 

お参りを済ますと なんとなく左の方に行きたくなり 歩を進めると

神社の案内図が ありました。

見ると 境内を出て少し山に入ったところに 真名井神社というのがあります。

「ここ、ここに行こう!」と 神社のウラから 出て 田舎道をてくてくと

歩き出しました。 
 
more…
【2010/05/30 23:58】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ハニーサックルさんも 咲いています
ご無沙汰続き で ございます。

木曜日のこと、

昨年から ご縁をいただいている会社が新社屋完成お披露目会をされ、

ワタクシは 一日お茶汲みにかりだされました。

男所帯の会社なので ワタクシのようなおばちゃんでも

「おらんよりはええ」と 白羽の矢がたったのでございます。

で、お茶汲みらしく 数年ぶりに マニキュアなど施し、

また 相変わらずの咳は やっぱりいかんだろう!! と

前日から 薬局で購入した咳止めの錠剤をせっせと飲んだところ、

たしかに そこまで激しい咳き込みは起こさずに 無事一日すごすことができました。

お客様も 決して混み合うような忙しさでもありませんでした。


そして帰宅。ご飯を作り、夜遅い夫の帰宅まで ちょっとうたた寝・・・・

のはずが。 途中、咳き込んだり 声をかけられてなんとなく答えた 

等の記憶はありますが。。。

「・・・なんか すご???く長い間 トイレ行ってない。特に行きたいわけじゃないけど

いいかげん トイレに行かんと カラダに悪いよな」と 這うようにベッドから降りたら。

ごごさんじよんじゅっぷん でした。うたた寝スタートから17時間弱が 経っておりました。

人生振り返っても、記録モノの長さでございます。 

トイレの後 まだすっきりおきれずに うとうとと 小一時間。

咳止めのお薬は カラダから抜けて 自然に不調な状態に戻っていましたが

どうして どうして こんなに??? は 未だ 腑に落ちておりません。



さておき。

とにかく夕方になってしまったし、何が何でも もう起きよう!

そうだ バラの香りを吸い込もうと お玄関を出たら

良い香りが しています。

「え?!」と 見ると

CA3G0321.jpg

ハニーサックルさんが 咲いていました。

このコは いつの頃からか 生えてきたこぼれ種さん。

爽やかで 少し甘い香りを漂わせてくれます。

よく見ると 黄花と白花 があります。

CA3G0320.jpg

去年、根元のどこかが 枯れてしまったので

ことしは 花数が 寂しい状態ですが

それでも香るのですから 立派なものです。

やっぱり、野生の連中は たくましいですね。



そうそう、フランネルフラワーさん、

本来の姿である、

花弁の縁に緑の アクセントが はっきりとつくようになってきました。

CA3G0322.jpg
新しい枝葉は まだですが 機嫌よさそうに

咲いてくれているので 心がほっといたしました。


 
 
【2010/05/29 23:07】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ジュード・ジ・オブスキュアの香り
不安定な天候や気温に カラダがついていかないのか

とにかく体力が どういうわけだか 底をついてしまったままで

咳を中心に 風邪ひきさんモードに どっぷり でございます。

そんな中 ジュード・ジ・オブスキュアさんが 次々と開花!
CA3G0314.jpg

ハナはかろうじて大丈夫なので お花に顔を近づけると・・・

そうです! この香りです!! 

典型的な バラの香り(フェアビアンカちゃん)とは 少し違う、

爽やかなニュアンスも含まれた香りです。

その、どうにも好きになって購入するきっかけになった香りが ふあ?ん

ああ この香りを いっぱい吸い込みたくて 5年待ったのでした。 

ありがたいことに つぼみはいくつもあります。
CA3G0315.jpg

次々と 咲いてくれる時間を楽しみたいと思っています。




同じ並びに置いているジ・アレクサンドラ・ローズさんも

切らすことなく お花を咲かせてくれます。

咲き始めは花の中心がほんのりと黄みがかっていて

咲ききったときの ピンク&ホワイト とは 少し違うニュアンスが

素敵だと思います。
CA3G0316.jpg




他にも 今年 不調な様子ながら 懸命に咲かせてくれたのが

ブラッシュ・ノワゼットさん。
CA3G0313.jpg
調子のよい年は 淡桜色の 小ぶりのお花を いっぱいに 咲かせてくれます。

なんとか 元気を取り戻してほしい限りです。




梅雨をひかえて あじさいさんのつぼみも

少しずつ 育ってきています。
CA3G0319.jpg


【2010/05/26 23:00】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
大雨でした
昨日からずっと、今日の午後にかけて 

こちらは 強い雨がずっと降っていました。

お昼頃、駅に向かおうと 国道に出ると

信号から駅と反対方向は通行止めになっていて

びっくり、

かなりの雨量だと通行止めになるという標識は 見かけて知っていましたが

ここに住んで 19年、初めてのできごとでした。


そんな雨も 夕方が近づく頃には小降りになりました。


先だってから 今ひとつ元気がなかったアメリカンブルーさん、

いっぱい咲いてにこにこしています。ほっとしました。

CA3G0307.jpg




植えて5年目にして初めての花をつけてくれたジュード・ジ・オブスキュアさんは

雨の中でも けなげに開花しようとしています。

CA3G0308.jpg


このお花を選んだ最大の理由は 香りのすばらしさ でした。
なのにワタクシったら こんな時に限って風邪ひきで
 いまひとつ ハナが・・・
このコたちが咲く間に なんとしても 元気になって
胸いっぱいに あの香りを 吸い込むぞ?!と 思っています。





今回、雨だけでなく、風もつよかったので

お花もかなり散ってしまいましたが

CA3G0312.jpg


冷たい・寒い雨ではなかったので

植物さんたちからは さして辛そうな印象を受けませんでした。

CA3G0311.jpg







夜、夫を迎えに行く頃には 晴れた夜空に
お月様が 出ていました。

雨、東?北日本へ進むようです。
そちらにお住まいのみなさま お大切になさってくださいね。


【2010/05/24 23:35】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
釜揚げうどん千舟屋 さん 
風邪が よくなりません

いくらでも 時間の許す限り ベッドにいます。



お夕飯を作るの、お休みさせてもらいました。

家族三人、麺類だいすき なので

ちょびっと遠出して 伊丹の 千舟屋さんに行きました。

こちら、平日はランチタイムのみですが

土日などは夜もやっておられます。

CA3G0306.jpg

おうどんは さぬきうどん というだけあって

エッジはかっちりとたっていて、つやつやピカピカで弾力もしっかり!


また、

てんぷらなど揚げ物が からり&さっくり で

おうちで揚げるのと同じくらい油がよい状態なので オススメです。

CA3G0304.jpg
CA3G0305.jpg

本調子ではありませんが 美味しくいただきました。

「ホンマ、根っからのくいしんぼうやな?
と 同行した家族二人はあきれておりました。


【2010/05/23 23:19】 オススメのお店など | トラックバック(0) | コメント(0) |
三日と置かずに。。。
実は また風邪をひいてしまいました。

治ったと実感してわずか三日… どうやら別のタイプの風邪ではあります。

今回は咳が中心の風邪、すっかり がらがら声でございます。

どうなっちゃってんだろう、ワタシ。 と 思っていましたが

東京の友人も 那須(栃木県)に住む従姉妹も

同じタイプの風邪にやられている模様でしたので

ま? 全国的な流行にのっかってるんだな? と 妙に気楽になりました。


寝てばかりもいられないしと 玄関先のバラさんを見に行きましたが

みなさん順調に 咲いてくれていました。

CA3G0292.jpg
CA3G0295.jpg



CA3G0294.jpg

クラウィーさんも すっかり本来の色合いで咲いています。



お天気はまた下り坂のようですが

みなさま よい日曜日をおすごしくださいね。


【2010/05/22 23:51】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そして季節は進んでいきます
今日も 雨でした。

お玄関前のバラさんたちは どんどん咲いていっております。

一番最初に咲いたデュセス・ドゥ・ブラバンさんは 一つ一つの花期が
短め、最初の時期のお花は散って、続きのみなさんがうつむき加減につぼみを膨らませています。

一方、花期の長いのが ブラスバンドさん。
何度かお披露目しているこの株の一番最初に咲いたお花たち、
今は こんな様子です。
CA3G0275.jpg
CA3G0274.jpg
ちょっと色味が落ち着いて これはこれで私は
いいな?と 思います。


他のバラさんたちも一斉開花。
フェア・ビアンカちゃん、いくつも咲いています。
お花に顔を近づけると ふわぁん と 上品に香ってくれます
満開を真正面から撮るとこんな風。
CA3G0277.jpg
雨上がり、ふと後ろから見ると
花びらの雫が クリスタルのようで
とても きれいでした。
CA3G0280.jpg






グリーン・アイスさんもぱんぱかと咲き始め・・・
CA3G0270.jpg





購入して5年目にして初めてつぼみをつけてくれたのが
ジュード・ジ・オブスキュアさん。
CA3G0279.jpg
「早く咲いて?」とせかしてしまいそう。
5年間、ひたすら株を大きく育てた後
満を持してのつぼみ です。
深呼吸して ゆったり待つべし ですね




そんななか お花を終えたライラックさんの鉢を見ると。
CA3G0282.jpg
CA3G0285.jpg

「??あれ。なんか??」

CA3G0284.jpg
鉢の縁にいくつもの新芽が育っています。


そっとお花を咲かせている芽までありました。



ライラックさんも ずいぶん長い間 この鉢で
すごしてきましたが(ご覧の通り 縁の飾りは欠けてぼろぼろです)
そろそろ もっと大きな鉢に植え替えてあげる時期が来たようです。
園芸の本で調べて よい時期を選んで 鉢を替えましょう。

季節はこうして進み それぞれが おもいおもいのペースで
育つのだなぁ と あらためて 思いました。
【2010/05/20 23:52】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Nahoko-chanの パン は イノチノバトン
普通電車のみとまる、隣の駅前には コープミニがあります。

小さな駅のかわいいロータリーに ちょっとクルマを

とめさせていただいて ちゃちゃっと足りない食材を購入、

なんてシチュエーションで 時々お世話になっております。



あるとき コープさんのならびにある文房具屋さんの店先に

小さな黒板で なにやら書かれているのを発見し、立ち寄ったのが

かれこれ2年位前だったかと思います。


黒板には パンの種類が書かれていました。
HI390059.jpg

「???ここって文房具屋さんでしょ??」と

中に入ると 数種類のパンが 売られていて

非常に よい香りがたちこめていました。




お母様が長年営まれていらっしゃる文房具店とまと の一角を

借りて おじょうさんが 始められたパンコーナー、

最初の頃は 店名がどこにもなかったので

お母様がお嬢さんを呼ばれた際に知ったお名前から

我が家では Nahokoちゃんのパン と 呼ぶようになりました。
HI390064.jpg


そのパンは 非常にパワフル!。

おいしい&食べるとほんとにエネルギー充電っ! と実感する

すんごい生命感なのです。

お店から我が家まで数分乗せていただけなのに

そのあとしばらくたってからクルマのドアを開けると

まだ ふあ?ん とパンの香りとエネルギーまで漂います。

こんなパン 初めて食べた と 息子も びっくり。

あるとき 「有機栽培原料とか 天然酵母 とか そういうパンですか?」

と しつもん。 でも 特にそういった こだわり製法 ではないようでした。

作り手の彼女が お勤め時代に焼いていたパンではなく、

ご自身で焼きたかったパンを ご自分のペースで 提供されていらっしゃる

ということが パワーの源 なのでしょうか。

とにかく別の表現をさがすなら 「採れたて新鮮野菜」のようなパンです。

客観的には ハード系のパン・食事系のパン を 数種類 売っておられます。
HI390066.jpg


近頃は 文房具コーナーとは別の扉になったり

tomato。 という屋号もできたりと
HI390061.jpg
      
確実に 歩みを進めておられるご様子。

パンのおいしさや パワフルさは 変わらず!です。


小西農園さんのトマトにも イノチを分けていただいたな って

思ったものですが

tomato。のパンからも イノチのバトンを渡していただく印象があります。



「手を合わせて”いただきます”」と 給食の時 教わったものですが

教わらずとも こうした食べ物にご縁をいただくと 

自然と感謝のキモチが おなかのなかから 湧いてきます。


*tomato。 のパン屋さん*

JR宝塚線 生瀬駅前 
水・木 お休み / 11?18時 




【2010/05/18 23:14】 オススメのお店など | トラックバック(0) | コメント(0) |
初夏へ駆け上がる気候
ご心配をおかけしましたが

エッセンスでのサポートも含めて、

おかげさまで ”浄化”も一区切りついたようです。



ひざしのぐぐっと強い中、お玄関を出ると バラさんたちが

がんばっています!

CA3G0259.jpg
CA3G0260.jpg

ブラスバンドさんたちはあでやかに見ごろ咲き頃。


CA3G0262.jpg
CA3G0261.jpg


フェア・ビアンカちゃんは美人モード全開&二番花のつぼみふっくら。


このほか、
我が家の最古参 ジ・アレクサンドラローズさんも
CA3G0266.jpg


小さいけどたくさん咲いてくれる
グリーン・アイスさんの一番花も!
CA3G0263.jpg


今年も咲いてくれて
ほんとうに うれしくてたまりません!


さらに 実家から引き取ったアジサイさんも
つぼみがあがってきています。
CA3G0257.jpg



道行くなか 街路樹たちの新緑の勢いや

運転中、全開の窓を通して車内を満たした 満開のフジの香り

みんな 夏に向けて エネルギーをみなぎらせています。



これは おまけ。

夜、夫のお迎えに出た時 壁に貼りついていたヤモリのおちびさんです。
CA3G0267.jpg



 


【2010/05/17 23:46】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ばらの季節が始まりました
ごろごろとおうちで過ごしている間に

お玄関前の様子が少し変化していました。

写真、ありませんが ライラックさんは お花が終わりました。

良い香りを ありがとう!! です。


そして バラさんたちが 順次咲き始めました。

CA3G0252.jpg


最初に咲いたデュシェス・ドゥ・ブラバンはいくつか開花中です。

CA3G0254.jpg

おとなりのブラスバンドもひとつめが もうすぐ満開




CA3G0250.jpg

フェア・ビアンカも もうひといき!このバラさんの香り、大好きなので タノシミです。


で、度々お披露目している 越冬組さんたちも
それぞれのペースですごしています。

CA3G0251.jpg
クラウィーさんは すくすくと新芽を伸ばしつつ、
お花の色も段々と本来の濃いピンク色に近づいています。



CA3G0255.jpg
アメリカンブルーさんたちは 心なしか元気が感じられません。
本来 真夏のひざしのなかで元気よく咲くコなので
ここ3・4日の寒さがこたえているのかな。



CA3G0256.jpg
フランネルフラワーさんは いっぱい咲いた後で
ちょっとひと息 といった印象です。
本当にこのコ、サービス満点なので
つねづね「お花お休みしていいから 
しっかり根っこと枝葉を育ててね」とワタクシお願いしております。


そうそう、ワタクシの不調ですが、

カラダの風邪諸症状(ノドも熱もオナカまで)にとどまらず

何の脈絡もなく突然 幼稚園時代の悲しい出来事が ば?ん と思い出されたり、と

どうやら マジ 浄化 というキーワードの状態ですごしています。

おみくじおそるべし。 
ちなみに 浄化 の 翌日は Light 、一昨日は Joy、昨日は Relaxation、今日は Openness でした。

よい機会なので穏やかに かつ よりすっきりしたくて、

ひっさしぶりに 自分のためにエッセンスを組みました。


あ! 不調といっても お仕事や家事は 大丈夫な程度まで回復しましたので

ご心配なさらないでくださいね。 


【2010/05/16 23:51】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ご?ろごろ 
今日も 気温は低めの お山でございました。

でも しっかりとしたお日様のチカラを感じたので、

室内越冬組植物さんたちは

外ですごしてもらいました。


一方 ワタクシは まだ どんよりな体調、

真冬用のとっくりセーターに身を包み、

自分のリズムを知っていたかのように

スケジュールが 空いていたりするなぁ 

と 誰に宛てるでもなく感謝をしながら

時間の許す限り ごろごろ うとうと と

すごさせてもらった一日でした。








【2010/05/13 23:13】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
かぜを ひいちゃいました
暖かくして すごしていたのですが

珍しく かぜをひいてしまったようです。

だる&おも??い 気分で
なんとなく毎日見に行っている おみくじサイトをクリック!すると
purification(浄化)。
ああ そういえば どこかで 「風邪は浄化のひとつです」みたいな文言、見たことあったなぁ。。と。



このサイト、自分の(呼ばれたい)名前を登録すると 
開けたときに welcome ××× your angel ? と出て なんだか
うれしい気分になります。
一日中 何回アクセスしてもそのカードが出てきます。
そして知らない単語だらけのワタクシは 辞書を引いて 「ほほ?」と。
不思議なもので いくつかの単語が しょっちゅう出たりします
(さすがに 幾度か続くと 横のイラストも手伝って その単語を覚えられたり)。
今日の purification も 一時期よくお目にかかっていましたが
久々のご登場でした。

みなさまも ご自愛くださいませ。







 
【2010/05/12 23:31】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ストーブ再出動
三寒四温 というのは初春のコトバのはず。
ここのところ 暑いくらいだったのに
きょうは 一日雨で なんだかとっても「寒かった」です。
「越冬組」植物4鉢も お玄関でスタンバイ状態でした。

夜になって 一段と冷え込んできたので
ストーブも点火しちゃいました。
セーターも 全部クリーニングしていなくてよかったです。

「こうしてすごしていると
今、何月なのか わからなくなっちゃうね」
と 家族で 話しながらの お夕飯タイムをすごしました。

みなさまも 体調、お大切に なさってくださいね。
【2010/05/11 23:39】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
20分でリゾート気分
今夜は 気温が 下がりました。

夜が更けるにつれ 気温の落差が気になったので

先ほど越冬組の鉢をお玄関に入れました

(こと張り切って咲いているアメリカンブルーさんたちの体力が心配でした)。


さてさて。

今日はお昼頃から 雨がしとしとと降っていました。

そんな中、故ロンのお散歩お友達かつ息子の同級生のお母様と

うちからすこしばかり山の中に移転されてきたコーヒーの名店

お茶をゆっくりと 楽しませていただきました。

お山ライフ、不便だのムカデだのとありますが
たった20分のドライブで 思い切りリゾートな環境に
身をおけることを ありがたく思いました(^?^)


昼下がりに入店した時は たくさんお客様がいらして
私たちは大テーブルに案内していただきました。
CA3G0246.jpg


その後 三々五々といった感で
お客様が帰っていかれて
しばらくすると それは ゆったりとした
やわらかい空間に お店は変わっていきました。
CA3G0245.jpg

このお店にうかがうのは二回目、前回お邪魔した時に
ねこさんたちが 吹き抜けの上、二階から登場したことを
ワタクシ しっかり 覚えておりました。

たくさんのお客様が帰られて
店内がゆっくりした空気に変わった頃
ねこさんたちが おっとりと登場
(こわがりさんたちなので 触れません&写真もはばかられました)、
ぽっちゃんを見送って以来 ねこさんに会いたくてたまらないワタクシ、
ずいぶんと 癒していただきました。

雨だったので お友達の愛犬のお散歩は
ないとのことでした。


お散歩タイムを心配することなく、
お友達とも 久しぶりに 
おしゃべりを 堪能、 
大切な時間をいただきました。

いろんなことに いっぱい感謝した午後のひと時でした。
【2010/05/10 23:41】 オススメのお店など | トラックバック(0) | コメント(0) |
春が駆け足で
みなさま どんな日曜日をおすごしでしたか?

こちら(兵庫県西宮市の山の上)は
すっかり 初夏を思わせる日が 続いています。

先日来お伝えしている

今期、一番最初に咲き始めたバラさん、
CA3G0244.jpg
デュシェス・ドゥ・ブラバン(和名:桜鏡)という名前のオールドローズです。
次のつぼみもいくつかふくらんできています。
何年か前のこと、他のバラ苗を買おうと行った店先で 
花つきのよさに一目ぼれして購入しました。
今年もいっぱい咲いてね?!

一方、外に出したとたん めっちゃ元気なのが
アメリカンブルーさんたち。
CA3G0242.jpg
いきなりこんなに咲いて大丈夫かい?!! という勢いです。




CA3G0243.jpg
クラウィー(クロウェア)さんは マイペース。
まだ 木の向きも変わっていないし、
咲いているお花も本来の色よりは淡いピンクです。



この春
遅れがちだった自然の生育リズムが
気温と共に
猛ダッシュをかけているような気がします。




【2010/05/09 23:35】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
虫達の出現(^^;)
毎年 連休前後のひととき、

我が家のダイニング付近に ありんこが 出現します。

しばらくすると 姿はなくなり

入れ替わりのように ムカデと遭遇する季節となります。


そして。。。

今年は ありんことムカデが 同時期出現 と 相成りました。



PCに向かっていて 右足の甲を カサコソと何か が。

小さいので ありんこと 思いつつ左足ではらいのけ

見るともなしに のぞくと 「しょうがくいちねんせい」サイズのムカデがすごすごと

その場を去ろうとしているところでした。

はい、 絶叫 いたしました。



お山ライフは サッシ窓でしっかり閉めていても

この住宅地が町開きをして 二十余年たっても

ありんこあり ムカデあり でございます。 


都会ど真ん中育ちのワタクシ、 未だ未だ小さな器なのね?

という できごとでした。  
【2010/05/08 23:24】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) |
咲きましたよ?
昨晩は 風がつよくて嵐のようでした。

日が落ちてから 帰宅した息子は なんだか元気がありません。

聞けば

朝、息子はバス停に向かう途中、大きな街路樹の元で

(強風にあおられ、おそらく巣から落ちて)息絶えてしまったヒナ鳥をみかけて

埋めてやった と。

自然界ではいたし方のないことですが やはり 悲しいものですね。


さて。
午後になって 雨もやんだので 様子を見に行くと
バラさん、咲き始めています!
CA3G0237.jpg

二番手のつぼみもふくらんできています。
CA3G0239.jpg

ライラックさんは満開。
CA3G0241.jpg
このコの花期は短めなので 今年バージョンの貴重な1枚になりそうです。


明日は 晴れるかな。

【2010/05/07 23:13】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もうすぐ咲くね
きょうも ここ関西は よいお天気にめぐまれました。

昨日植え替えて 外に出した 室内越冬組さんたちも 
おかげさまで 元気にしております。

そして。

いよいよ つぼみがふくらんできたのがこのコ。
CA3G0235.jpg
我が家の今年のバラさんの一番咲きとなりそうです。

【2010/05/06 22:42】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ぜいたくなごご
今日は 初夏を思わせる気候でしたね。

こどもの頃は 春 というシーズンが しっかりとあったように
思うのに 近頃は どうしたのでしょう。


さてさて。

気温も安定してきたし で 室内越冬組の植物さんを
外に出すことにしました。

よい機会なので 植え替えもあれこれとしました。



クラウィー(クロウェア)さんなんて 本来濃いピンクのお花が
こんなに 淡い色。
CA3G0228.jpg
木全体も ずいぶん大きくなってくれましたが、
室内での光の方向に伸びていて 切ない気分です。(写真は植え替え後)
CA3G0229.jpg

アメリカンブルーさんたちも
大きくなった鉢で のびのび育ってほしいものです。
CA3G0226.jpg

相変わらず サービス満点に咲いてくれている
フランネルフラワーさんは植え替えなしですが、
土を少し足しました。
お花、うれしい限りだけど エネルギー要るでしょ、
しっかり枝葉も育てていいんだよ?!
と 話しかけてしまいました。
CA3G0227.jpg

このほか 花を終えた沈丁花さんも
カラダに合った大きさの鉢に。
CA3G0236.jpg
このコはナイーブで、前回植え替えた際には
翌年、お花が咲かなかったのです。
「びっくりしないでね」と 一連の作業の始まりに植え替えを話してから
他の鉢を全て終えたラストに
「じゃ、植え替え始めるよ」と。
根を傷めないように そうっと 慎重に作業しました。


で、今日のタイトルの由来です。
お花の香りが とにかく大好きなワタクシ、
玄関先で 作業中、
そよ風の微妙な風向きで 
フリージアさんの香りと
CA3G0234.jpg
一気に開花したライラックさんの香りが
CA3G0231.jpg
CA3G0233.jpg
交互に、 時に混ざって、 ずっと香っていたのです。


けっこうな暑さの中、
おおきな麦藁帽をかぶり、
夫に「農家のおばはん」と嘲笑われながらも
香りに満たされて 優雅な気分で 作業させてもらいました。
【2010/05/05 22:58】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
とにかく オススメ
今日は 暑いくらいの快晴、
ついこの間 ストールをぐるぐる巻いていたのが
ウソのようですね。


さて どんくさいワタクシ、
あさごはんで
タマゴを料理していたとき、 
手首にぱしゃりと油がはねてしまいました。

お水をガンガンかけて冷やしても
こういうやけどに限って 
あとから 水ぶくれしてきたり 
長い間はだに茶色いあとが残ったり。


でも 大丈夫。
できる限り 早いタイミングで
レスキュー系のフラワーエッセンスを 塗ります。

しばらくして 痛みを感じたら もう一度。

まだ、でしたら 痛みを感じる毎に 塗ります。


たいがいは これだけで、 
今回も お昼前に見たら 
赤くなっていたところがきれいになっていました。

レスキュー系 と書きましたが

バッチレメディーなら レスキューレメディー、
オーストラリアブッシュ・エッセンスならエマージェンシー・エッセンス
といわれるもので、 このほかにも 各シリーズで 独自に出されているものが
いくつもあります。


それぞれ、
使われているお花は全く違いますが、
どちらも 同じような結果が得られます(幾度となく経験済み)。
一家に一本、胸をはっておすすめします。 






【2010/05/04 14:28】 フラワーエッセンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
虫干しに 風通しに
ここのところ お休みだと 出かけたりすることが

多かったのですが 今日は ゆっくり。


衣類や毛布を虫干し したり

家中の窓を開け放って 風を通したり。


空気の出入りがきもちよいなかで飲むお茶は 格別でした。



GWも明日から後半ですね。

みなさま よい休日をおすごしください

【2010/05/03 23:03】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
香る 咲く 春実感
ここのところ

よいお天気に めぐまれています。

気温もさることながら おひさまのチカラの強いこと!


柵ごしのフリージアさんたちも

例年よりはほのかながら 良い香りを漂わせてくれるようになりました。

CA3G0221.jpg


ライラックさんは、 一つ目が開花。
CA3G0219.jpg

幾鉢かあるバラさんたちも それぞれに
つぼみをふくらませています。
CA3G0223.jpg


出先では シロツメクサが どんどん咲き始めていました。
CA3G0225.jpg


寒い日が多いこの4月、
植物さんたちの出足はゆっくり目でしたが
ここにきて 一気に春が加速しています。

【2010/05/02 23:24】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
奈良へ(その3 天河弁才天)
丹生川上神社下社をあとにしたときには 午後3時をまわっていました。

「道の駅には寄らんとまっすぐ天川行くで」と 夫。

いくつものトンネルを抜けて
CA3G0204.jpg
CA3G0206.jpg
CA3G0210.jpg
CA3G0211.jpg

天河弁才天さんに着いたのは 社務所も閉めようとされている午後4時頃でした。

お清めを済ませて いざお参りに。
CA3G0212.jpg
私はこの中のほの暗いところで手を合わせる時間が好きです。
CA3G0213.jpg
でも 夫はお参りを早々に終えて 下の広場のベンチへ。

私にとっての”水の神様のお座布団”にあたるのが
彼にとっては 下の広場のベンチ、 そこで ぼ?っとするのが至福の時だと申します。

そして 私は(神様の声とか 聞こえませんよ!!)なんとなくなのですが
ここの弁天さん、彼のことを気に入って下さっているような気がしていたりして。
だから ここに来るのは いわば彼が主人公 なのです。


さて、ワタクシ。お参りを終え、外に出た時 暗さに慣れた目に飛び込んできたのは

CA3G0217.jpg
力強い春の陽射し。

さあ 生きましょう! と あちこちの神様に元気をいただいた一日となりました。

【2010/05/01 06:28】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。