スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お久しぶりです & ブログの おひっこし
ずいぶん長いあいだ ご無沙汰してしまいました。

一度 このブログは アクセス不能になり、ほぼ 復元はしていただけました。


ブログをお休みさせていただいていたあいだ、

おかげさまで セッションをさせていただきつつ、

のんびりなワタクシにとっては 「武者修行」ともいえそうな

あれやこれやを 体験させていただいておりました。


さて。

この修行(笑)も やっとこ ひと段落を迎えたように感じます。


で、 ブログも おひっこし させていただくことにいたしました。

おひっこし先は    http://ameblo.jp/wonderdrops/ です。

また ぼちぼちと アップさせてもらいますので

よかったら いらしてくださいね。


 
スポンサーサイト
【2011/05/21 01:15】 おしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年のお気に入り神社(二度目の真名井神社)
またまた 家族3人のオフが合った火曜日、

今や 恒例化した朝食のグリーンスムージーを飲みながら。


ワタクシ「なんか天川弁才天さんに行きたいな」

夫「それもええけど。・・・こないだの宮津の神社はどないや」

息子「あ? 富田屋さんの近くの神社」

ワタクシ「富田屋。舞鶴自動車道無料…(おいしいご飯と無料道路じゃ勝ち目ないな)。

     籠神社と真名井神社にする?!」

夫「富田屋さんでうまいもん、ええなぁ。そないしょうか?!」

ワタクシ「空のポリタンク積んでいって 真名井神社でお水を汲ませていただこうね」

ということで 今回のドライブは 籠神社と真名井神社に決定したのでした。


舞鶴自動車道は 無料になっても さして交通量が増えた印象はありませんでした。

途中からは有料の京都縦貫道を経て びゅ?ん と2時間ほどで 現地到着。 

今回は 先に真名井神社の入り口までクルマで乗りつけました。

入り口手前でお水が湧き出ています。汲むのは帰りとしてまずは神社へ。

CA3G0535.jpg



鳥居手前は 狛犬でなくて 金銀の玉を持った龍。
たぶん珍しいのではないかしら。
CA3G0560.jpg


CA3G0561.jpg


で、鳥居をくぐり、
CA3G0536.jpg




緩やかな階段を上って 広場のようなエリアへ。

前回と比べ お参りされている人が少なくて 

もりのなかの 大切な息遣い が より一層 感じられます。


正面のお社にご挨拶をして その後ろに控えている石と大木ゾーンに向かいました。

前回同様 ワタクシ的キモチよいポイントで しばらく佇みます。

うん、やっぱり 居心地のよい 穏やかで力強い包容力を感じます。

しばらくすると 写真を撮りたくなってきました。

前回うかがったときは 畏れ多くて撮れなかった写真、

かみさま に 「写真、撮らせてください」と お願いしました。

・・・・なんか OKいただいたよ?な 気がする。

ということで キモチよいポイント付近から 木を撮ろうとすると

ちょうど おひさまが 見え隠れしていました。

CA3G0552.jpg
CA3G0552.jpg
CA3G0557.jpg
CA3G0559.jpg


写真を撮らせていただいたお礼をお伝えして 

家族の待つ 入り口の水汲み場に急ぎました。


こちらで水を汲むのは初めて。持参のカップでいただいたお水は

きめこまやかでのどごしが優しかったです。
CA3G0562.jpg

横には小さなお地蔵さんと立て札があり 

これによると 昔、地震の際にはここまで津波がきたことが記されていました。 

歩けば おそらく海岸から10分はかかると思われる場所です。

津波の恐ろしさを 再確認しました。

(注:この写真の左上に おひさまのようなひかりが写っているのですが 

この方向に光源になるものはありません。なんでしょうね?)


お水をクルマに積んで 次に向かったのは 籠神社。

観光ポイントだけあって相変わらず大型観光バスのツアー客さんが

入れ替わり立ち代り で 参拝されていました。

CA3G0563.jpg

今回は2回目だったので 「こころがまえ」ができていて

そこまで びっくりすることはなく、

CA3G0564.jpg

真名井神社のときから 連続したトーンで

しずかに 参拝させていただきました。



この後は 前回と同様、夕方の明るい時分から 宮津駅前の 富田屋さんで

家族3人 お魚料理中心に 舌鼓を打ちました。
 
息子が富田屋さんに来たのは本当に久しぶり、前はたぶん小学生でしたから。

「やっぱりおいしいね?」と 笑顔。手元には パパと酌み交わすビール。

お店の様子も 味も 十数年前と 変わらないありがたさ でした。 

 
【2010/09/14 03:30】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
グリーン「じゃない」スムージー
グリーンスムージーの 朝ごはん、さらになんとなく続いております。

今日は 3人分。


CA3G0523.jpgバナナと冷凍ブルーベリー





CA3G0524.jpgそして 小松菜。





スイッチONで回り始めは


CA3G0525.jpgきれいな色合い♪




フルーツ2種類が混ざり小松菜がこなれ始めると


CA3G0526.jpg



パレットの混色 よろしく



CA3G0527.jpg 紫+緑= 微妙なお色。




「うっわ?」と 口をつけるのにいくらか勇気が要る色でしたが

おいしかったです。



そうそう、グリーンスムージーの 我が家的感想を。

食養生のあれこれ(「××と○○はあわせない」など)には準じておりませんが

ミルクやヨーグルトは入れずに作っています。

材料選びの参考になれれば幸いです。



・果物は 熟れているほどおいしい気がします。
 
 バナナはスーパーで半額になっているような茶色の斑点が出ているほうがいいくらい。
 
・で、バナナは 入れるようにしています。

 おなかもちもよいし、お味も安定する気がします。

・もっとおなかもちや栄養を というときは +アボカド。

・果物で メロン系を入れたら 出来上がったとき きゅうりっぽい風味が出てびっくり。
 
 そのまま切っていただいたときはまったく感じなかった風味だったのです。

・同様に 青菜で、レタス系を入れると 普通にさくさくいただくときよりも

 レタスならではの風味を感じました。 

・存在感なくたくさん入れられる青菜は 我が家的には 小松菜とほうれん草。

 水菜をいっぱい入れるとピリッとした辛味がありました。

・ブレンダーをびゅ?んと回して 混ざりが悪そうなら お水を入れて。
 
 「冷たい」のがお好みなら 氷を。

・青菜は まずいと困るので 最初の頃は もっと少量でした。

 少しずつ 増やしていきました。




おいしいね? なんて のんきに続いているわけですが

ひょっとして 食養生法に詳しい方が お読みになったら

絶句されることをしているかもしれません。

健康法としてチャレンジされる方は

いろいろなブログなどを読まれてから

お始めになってくださいね。 
  
【2010/08/25 14:42】 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
HPのフォントが・・・・
相変わらず 暑っつい毎日ですね。

いかがおすごしですか?

こちら関西は ひたすらのです。


さて。

夏の初め、遅ればせながら

ごく簡単なご案内のホームページを作りました

(リンクのところに貼っております)。

で、数日前、何気なく開けたところ 「何か…へん。」

「何が??… 字の形(フォント)が 違うものになってるぅ!」

私の作ったホームページは このブログと同じくらい易しく作れる代わり、

自由に選べる部分に制限が(私の能力では かな。詳しいヒトならもっと自在かも)

あり、字の形も 日本語なら明朝体かゴシックか はたまた 位の選択肢。

ゴシック設定を選んでいた私のホームページの字(フォント)、

サイズが均一でない 丸文字系(そんなフォントは選択肢の中になかった)に

変わっているのです。字のサイズが違うから 改行なんかもズレズレで。

おろおろしつつ あわあわしつつ、設定し直し 一息つきました。

その後は 「またおかしくなっていないかな?」と ちょこちょこ開けていますが

今のところ 大丈夫。 っていうか どうしてこんなことになったのかな? と。

ホームページの中身を変えるときは ログインが必要なのです。

で 知らない間に 字の形が変わっていたとしたら 

他も自由に変えられちゃうのでしょうか。

だとしたら えらいこっちゃでございます。

とか言いつつ、生来のタチで あっという間に「のどもと過ぎればなんとやら」モードで

ネットをあれこれみておりましたら 私のホームページと同じ字形+改行が乱れている

ホームページをみつけました。

この方のホームページは 

表紙がオリジナルの動画でしたし 私のホームページとは違う「本格」な作りでした。

いっぱい見ている中の一つだけではありますが

ホームページをお持ちで「久しく開けてないわ」って方、
 
ひょいとチェック、おススメいたします。


 
 

【2010/08/24 15:01】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
エケネイシャさん その後
すごくお伝えしにくくって もう10日くらい前の出来事なのですが。

エケネイシャさん 開花経過を UPした翌日、

お花がきっちりと根元から手折られていました。

実は お花は二つあったので少し出遅れていた残ったお花で 続きを書こうと思っていました。
CA3G0494.jpg
(この写真の翌日、メインのお花が「お嫁入り」。
もう一輪というのはメインのお花の右下に。
ちなみに後方の白いもの、
このときは折れていますが
市の草刈チームさん宛ての
”刈らないで”札です)



このブログを読まれる方の中には

エケネイシャのフラワーエッセンスとご縁のある方もおありかもしれない。

エケネイシャはここ数年「エキナセア」名でハーブの一種として

咲いている姿の写真はよく目にするようになったけれど 

実際に どんな感触の植物で(茎も花びらすら 硬い)

どんな風に生え、育ち、花をつけ、咲いて、終わっていくのか はご存じない方も

少なからずいらっしゃるはず。フラワーエッセンスと親しんでいく上で

こうした知識があると その定義が ぐぐっと実感! な経験となりうるのです。 


忘れるくらい昔、園芸店で当時珍しくエケネイシャの苗を見かけて即購入、花壇と

家の前の街路樹の空きスペース

(各おうちで自由にグランドカバーなどを植えています)に植え込みました。

初年度は毎日ケイタイのカメラでその姿を写していきました。

このときの記録がシェアできればよいのですが

何分にも古い型・画素数でブログに載せることができず・・・。

で、今年は それを ハイライト程度ですが 皆さんに シェアしたかったのです。




やっと咲いた一輪、でも根元からきれいになくなっていたので

どなたかが おうちの花瓶にと 連れて帰られたのでしょう。

と 気を取り直して数日後、

「明日くらいで 残ったお花の花びらがエケネイシャさんらしく下を向くな?♪

じゃ、それ撮って つづきを UPするさ?」

って 翌日。

CA3G0516.jpg

きっと またまたどこかのお宅の花瓶にお嫁入りしたに違いありません。



そんなわけで 続きが 書けなくなってしまいました。 ごめんなさいね。


そうそう、オニユリさんたちは花期が終わったようで

近頃は 白いユリさんたちが あちこちで咲いています、

CA3G0522.jpg

【2010/08/23 23:09】 身の回りの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。